2018年9月25日火曜日

デスク席から(49)「若い世代の決意」


 四日市公害の問題を、久々に取材しています。
 私が四日市公害について初めて取材したのは、1996年のことでした。ジャーナリストの大谷昭宏さんにコメンテーターをお願いしていた「おもいっきり〇(マル)ミエTV」の報道コーナーの取材。
 四日市市立博物館で、四日市公害をテーマにした企画展が開かれ、公害訴訟の原告だった野田之一さんが講演した時でした。市が主催するイベントで元原告が講師に招かれるのは初めてのことでした。
 この中で野田さんは「公害、公害と騒ぐが(国の発展を考えれば)“トタンの雨漏り”だと思って我慢せぇ、と言った政治家がいた。でも雨漏りの家に住む住民は苦しい目をしているんだ」と語りました。
 また、1972年の勝訴の際「青い空が戻るまでは、ありがとうと言えない」と語ったことに触れ「いま、ありがとうと言えるかと言うと…六分くらいかな」と 話しました。
 今回の取材では、野田さんに、いま「ありがとう」と言えるかどうか?そんなこともお聞きしました。
 野田さんは86歳になった現在も、公害の苦しみや裁判について語っています。

 また谷田輝子さんは、娘の尚子さんを喘息で亡くしました。判決が出されたのと同じ1972年。尚子さんは9歳でした。
 谷田さんはそれから40年近く公害について語ることはありませんでしたが、資料館(四日市公害と環境未来館)建設の話が持ちあがった頃から口を開きはじめたといいます。
 「しゃべらずにすむならそれの方が良いが、それでは消えていく…。尚子を犬死にさせたくない、忘れさせたくないっていう気持ちで伝えています」

 そんな気持ちを受け継ぐ人が出てきました。
 四日市市の高校1年生、新田亜依さんです。授業や自由研究で公害について勉強してきましたが、9月22日に営まれた公害犠牲者の慰霊祭で、若い世代としてメッセージを発表したのです。
 新田さんは、こう述べました。
「同じ世代の小中学生が(公害により)4人も亡くなったことを知り、衝撃を受けました。被害を受けた多くの人がいて今があることを忘れてはいけないと思います」

 慰霊祭の模様は、9月26日(水)の三重テレビニュースウィズで特集としてお伝えするほか、Yahoo!ニュース特集との共同企画「深層クローズアップ https://news.yahoo.co.jp/feature/954でも公開を予定しています

四日市市で講演する野田之一さん

谷田輝子さん