2019年7月25日木曜日

デスク席から(58)「円熟の芸をじっくりと」


16回目の開催を迎えます。落語会「文治まつり」。
四日市で没した桂派の祖・初代桂文治(1816年没)を称える落語会で、四日市市出身の桂福団治さんや三重テレビ放送が中心となって、2004年に始めました。
福団治さんは関西演芸協会の会長を務める上方落語界の大御所。人情噺や手話落語の第一人者として知られます。
芸歴は60年に迫り、「藪入り」「蜆売り」「百年目」「鼠穴」といった人情噺には多くのファンが魅了されています。
説明が遅れましたが、人情噺とは、笑いに重きを置くのではなく、親子の情や夫婦の情愛などにスポットをあてた、ストーリー性豊かな噺。人情が薄くなってきたといわれる近年、より注目を集めています。
上方落語家最古参の円熟の芸をじっくり楽しんでいただきたいと思っています。

実は、今回のイベントには「三重テレビ放送開局50周年記念」という冠がついています。
それにちなんで、ほかの出演者には「50」にまつわるキャッチフレーズが。
林家菊丸さんは、三重県での地域寄席の開催がことし50ヵ所を達成。桂二乗さんは、「50キロまでなら走れます」。(笑)
 そして桂文珍さんは、この秋に芸歴50周年を迎えます。実は、文治まつりにお越しいただいた皆さんに毎回アンケートをとっている中で「ぜひよんでほしい」というリクエストが最も多いのが文珍さんなのです。
 古典落語・創作落語双方で会場を爆笑に包む文珍さんの話芸にもぜひ触れてみて下さい。
 
 落語会「第16回文治まつり」は、10月6日(日)の午後1時から四日市市文化会館第一ホールで開催されます。
 入場料は、前売3700円、当日4000円で、詳しいことは三重テレビ放送事業部(電話059-223-3380)までお問い合わせください。