2019年12月2日月曜日

デスク席から(61)「悲しみ乗りこえ進めた歩み」

「娘がこの世からいなくなった悲しみと、受け入れることができない現実。そして後悔…。僕たちが生きている限りは一生背負っていかなければならない課題です」
こう語ったのは、四日市市に住む寺輪悟さん(51歳)。
今から6年余り前の2013年8月、当時中学3年生だった女子生徒が少年(当時高校3年生)に襲われ、三重郡朝日町の空き地で遺体で発見されるという事件がありました。
とてもショッキングで痛ましい事件でした。
寺輪さんは、亡くなった女子生徒のお父さんです。
「どん底で悲惨だった」と当時を振り返る寺輪さんは「(被害者遺族は)世間から早く忘れ去られたいと思っている」とも話します。


しかし、そんな寺輪さんが行動を起こし、取材にも応じて下さいました。
犯罪の被害に遭った家族や遺族へのサポートがあまりにも少ないことに気づき、条例の制定を求める動きを起こしたのです。
三重県の鈴木英敬知事に手紙を送ったのが契機となり、行政や議会も比較的迅速に対応。三重県ではことし4月から、四日市市では10月から、犯罪被害者らを支援する条例を施行しました。
その中では、見舞金の給付や広報啓発、引っ越しを余儀なくされた場合の転居費用の補助(市のみ)などが盛り込まれています。
しかし「まだまだ始まりに過ぎません。犯罪の抑制や命の大切さのよびかけなど様々なことに取り組んでいきたい」…娘の遺影を見ながら、寺輪さんは静かに語りました。
そして、愛娘への思いも話して下さいました。「小学生の頃かな。『パパと結婚する』って言ってくれたことが一番嬉しかった」と。

この特集は、12月4日(水)のMieライブで放送。
コメンテーターは、ジャーナリストの大谷昭宏さん。

神戸連続児童殺傷事件や大阪教育大付属池田小事件などを取材した大谷さんは「自分は犯罪の加害者にはならないと誓うことはできるが、絶対、犯罪の被害者にはならないと言い切れる人はいない。いつ誰がどこで被害に遭うかわからないのです」と話しました。
そういう意味でも、寺輪さんが進めた歩みは大きな一歩といえるのではないでしょうか。

※なお、12月17日(火)午後1時30分から、三重県人権センター(津市)で、
「犯罪被害者支援を考える集い」が開かれ、犯罪被害者遺族の本郷由美子さんが
「いのちの重さを見つめ続けた18年」と題して講演する予定です。


                              小 川